YMCA米子医療福祉専門学校作業療法士科の学生さんと一緒に

2020/07/09

 YMCA米子医療福祉専門学校作業療法士科の学生さんが、西部ろうあ仲間サロン会に「透明マスク作り」のボランティアにお越しくださいました。

 

学生さんが事前に練習をしてきてくれた手話での自己紹介に、サロン会の仲間も笑みがこぼれます。

サロン会からは透明マスク製作を始めたきっかけや想いをお伝えし、

透明マスクの作り方をレクチャー。

 

 

 

自分で着用する透明マスクを一緒に製作しました。

【初めて着用した感想】

●固い素材かと思っていたが、柔らかくて痛くもなくて付け心地が良いです。

●息がしやすいです。

●顔の表情が良く見えます。

嬉しい感想を直接聞くことができ、サロン会の仲間も俄然やる気がみなぎりました。

 

 

 

「透明マスク」の梱包袋のラベル貼り等に参加いただき、最後は歓談タイムです。

サロンの仲間からは聾学校時代の思い出話や、「学生の皆さんの将来の夢は何ですか?」という質問も飛び出しました。

「これからも、勉強がんばってくださいね」という力いっぱいのエールもサロン会から!!

 

YMCA米子医療福祉専門学校作業療法士科の学生さん、引率の先生方、ありがとうございました。また、お会いできる日を楽しみにしています。

 

 

 

 

 

 

 

Please reload

特集記事

YMCA米子医療福祉専門学校作業療法士科の学生さんと一緒に

July 9, 2020

1/10
Please reload