日本海新聞に掲載された、阿部先生の寄稿文です