初UDタクシー乗車!

日本財団の研修会終了後にタクシーを頼んだら、なんと!UDタクシーではありませんか!! この偶然の出会いに少々興奮しました。 皆さんはご存知ですか。 以下、運転手さんからの話です。 「このUDタクシーは鳥取県がモデル地域に選定され、今後3年間で200台県内に配備される予定で、現在は東部地区のみで14台が走っています。 UDタクシーはユニバーサルデザインタクシーということで、どなたでも乗車しやすい配慮がなされています。 依頼があったときだけ走行するのではなく、常時普通のタクシーと同様に運行しています。 運転手は必要な研修を受けた者でないと運転ができません。 主に車いすの方々の介助について学びました。 東部にまず配置があったのは、4月末に日本パラ陸上競技選手権大会が開催されたということもあるでしょう」とのことでした。 そして、ここにも「鳥取×日本財団」のロゴが。(見えなくてすみません) 何か深いご縁を感じてしまいました。 それにしても、運転手さん(写真右)のお話のわかりやすかったこと。 乗車したスタッフも思わぬところで研修を受けることができました。

特集記事